[移籍]高木俊幸、浦和からC大阪へ完全移籍「新たな環境でチャレンジする必要がある」

C大阪への移籍が発表された高木 photo/Getty Images

成長するために移籍を決断

セレッソ大阪は5日、浦和レッズからFW高木俊幸が完全移籍で加入することになったと発表した。

現在26歳の高木は東京ヴェルディの下部組織出身で、2009年にユースチームに所属しなからJ2デビューを飾ると、翌2010年にはプロ契約を結んだ。そしてプロ1年目から出場機会を確保し、リーグ戦25試合に出場している。その後、2011年から清水エスパルスで4年間プレイし、2015年に浦和へ加入した。3年目となる2017シーズンは公式戦23試合に出場しており、アジア制覇を経験。9月に行われたAFCチャンピオンズリーグ・準々決勝2ndレグの川崎フロンターレ戦では、3点差のとなった2戦合計スコアをひっくり返す決勝ゴールを決めていた。

そんな高木は浦和の公式サイトを通じて「このたび、セレッソ大阪に移籍することになりました。レッズでの3年間はなかなか継続して出場できず、もどかしい部分もありましたが、みなさんと勝ち獲ったルヴァンカップ、ACLは、自分にとってかけがえのないものです」と述べた上で「レッズに来て、ファン・サポーターのみなさんの偉大さ、存在の大きさをあらためて知ることができました。ただ、選手として成長するためには、もう一度、新たな環境でチャレンジする必要があると感じ、今回、移籍を決断いたしました。3年間でしたが、浦和レッズの一員としてプレイできたことを誇りに思います。ありがとうございました」と感謝の意などを綴っている。

一方、新天地であるC大阪の公式サイトでは「自分にとっては新しいチャレンジの機会となりますが、チームの力になれるように頑張ります。昨シーズン、セレッソはルヴァンと天皇杯の2冠を達成しているので、ACL、リーグのタイトル獲得へ向けて貢献できるように全力でプレイします。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ