ルカク、アグエロをも凌ぐ得点率 世界に通用するFW岡崎慎司への称賛止まらない!

レスターで大暴れの岡崎 photo/Getty Images

今季は献身性だけじゃない

レスター・シティ所属の日本代表FW岡崎慎司への称賛が止まらない。

岡崎は13日のサウサンプトン戦で2得点を記録し、リーグ戦での得点数を6に伸ばした。昨季まで岡崎を評価する材料は献身性、FWながらタックルが上手いなど守備面に関するものが多かったが、今季はストライカーとしても確かな評価を受けている。

地元紙『Leicester Mercury』も改めて岡崎を絶賛している。岡崎は今季開幕から順調に得点を重ねたものの、クレイグ・シェイクスピアに代わって指揮官に就任したクロード・ピュエルは岡崎を何度かスタメンから外している。代わりに若いデマライ・グレイらのプレイタイムが増えることになったが、そうしたテストもそろそろ終わりでいいだろう。ピュエルも岡崎の重要性に改めて気付いたはずだ。

同メディアによれば岡崎はピュエルとの関係について、「監督はここに来るまで僕のスタイルを知らなかったですけど、今は分かってくれていますし、より信用してくれています。監督からの信頼を感じますし、良い状態にあると感じています」とコメントしている。岡崎がどれほどの選手なのかピュエルも手探りだったのだろうが、そのテスト期間で岡崎はしっかりと結果を出してみせた。

また、ピュエルの下でプレイタイムが限定されたこともあり、現在の岡崎は驚異的な記録を持っている。何と現在は全てのコンペティションを含め107分に1点のペースでネットを揺らしているのだ。これはマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ、ガブリエウ・ジェズス、マンチェスター・ユナイテッドのロメル・ルカクよりも良い数字で、これより上はトッテナムのハリー・ケインとリヴァプールのモハメド・サラーのみだ。

もちろん彼らが岡崎よりプレイタイムが長く、チャンピオンズリーグなどハイレベルなコンペティションでプレイしていることも忘れてはならない。しかし、あくまで中堅クラブのレスターでプレイする岡崎がこれだけの数字を残しているのは見事だ。プレミア制覇を果たした2015-16シーズンの岡崎も見事な働きだったが、今季はこれまでの海外生活を含めベストシーズンを過ごしていると言えるのではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ