リヴァプール、“バラック2世”の獲得が秒読みに 1月の加入内定と英紙

ついに移籍先が決定か photo/Getty Images

熾烈な獲得レースの終焉へ

今季のブンデスリーガ9試合に出場し、既に4得点を挙げているMFレオン・ゴレツカ(現シャルケ/ドイツ代表)。かつて同国代表のキャプテンとして活躍したミヒャエル・バラック氏の再来として注目されている同選手だが、同クラブでスポーツディレクターを務めるクリスティアン・ハイデル氏が同選手の放出を容認する発言をしたことから、移籍が既定路線に。また、ドイツ代表でチームマネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏が同選手のプレミアリーグのクラブへの移籍内定をほのめかしたことから、同リーグ挑戦への気運が高まっている。

こうした状況のなか、リヴァプールが同選手の獲得に近づいたことが英『DAILY STAR』で話題に。来年1月の加入が内定したほか、かねてより移籍先候補として挙げられていたバルセロナが同選手との給与面の交渉に失敗したことが併せて報じられたことから、一連の噂の信憑性が高まっている。

フィリペ・コウチーニョやエムレ・チャンに移籍の噂が絶えないことから、中盤の補強の必要性が各メディアで指摘されているリヴァプール。独力突破に定評がある同選手の獲得が実現すれば、同クラブにとって有益な補強となることは間違いないだろう。交渉の行く末に注目したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ