「モラタはトラブル多く、イエローカードもらうだけ」 D・コスタとは異なるただの暴れん坊にサポーター不満

イエローカードをもらうモラタ photo/Getty Images

今季10枚目のイエローカードに

昨夏に退団したFWジエゴ・コスタの穴を埋めるため、チェルシーはレアル・マドリードで1番手になれていなかったFWアルバロ・モラタを獲得した。序盤はモラタもチャンスを活かそうと奮闘していたのだが、ここへきて悪い方向で目立つようになってきた。

得点を奪えていないことはもちろんだが、モラタは10日のクリスタル・パレス戦で今季10枚目のイエローカードをもらってしまった。しかもこの試合は72分から途中出場しているため、20分程度のプレイタイムの間にFWの選手がイエローカードをもらってしまうのは非常にもったいない。

11試合連続で得点を奪えていないこともあってストレスが溜まっているのだろうが、モラタは判定に文句をつけたり余計なところにストレスをぶつけてしまっている。英『METRO』によるとサポーターもモラタの行動に呆れてきているようで、SNS上では不満の声が増えている。

「コスタもトラブルが多かったが、彼はゴールを決めていた。モラタはトラブルが多く、そしてイエローカードをもらうだけだ」

「彼はチェルシーでプレイしたいのか?そうは見えないね」

「明らかにモラタはストレスを溜めて自暴自棄になっている。冷静さを欠いていて、得点を奪うことに集中するよりも馬鹿げた行為ばかりだ」

コスタは暴れん坊としてお馴染みの選手だが、計算高い暴れん坊でもあった。相手選手を退場に追い込もうとすることも多く、頭の中は冷静だったのだろう。しかしモラタは本当にイライラしているだけのように見える。イエローカードだけをもらうために出てきているような現在のモラタにサポーターが満足するはずはなく、もう少し落ち着いてプレイする必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ