世界一を知る元なでしこFW大野、今季限りでINAC神戸を退団

INAC神戸を退団することが決まった大野 photo/Getty Images

今後については未定

INAC神戸レオネッサは25日、元女子日本代表FW大野忍が2017シーズンをもって退団することになったと発表した。

現在33歳の大野は、2015年にINAC神戸へ復帰。今季はなでしこリーグ14試合に出場し、4得点を記録していた。また、長きにわたってなでしこジャパンをけん引し、代表通算139試合に出場して40得点を記録するなど、多くの国際舞台で活躍。2011年にドイツで開催されたFIFA女子W杯では優勝に、翌2012年のロンドン・オリンピックでは銀メダル獲得に貢献している。

そんな大野はクラブの公式サイトを通じて「この度、INACを退団することになりました。チームメイトや監督、コーチ、スタッフの方々、またたくさんのファンやスポンサーの皆様の応援によりここまで頑張ってられたと思っています。今年タイトルを取れなかった事は残念ですがこれからもINAC神戸の発展を願っております。本当にありがとうございました」と感謝の意などを綴った上で、来季以降について「今後のことはこれからサッカーに対して自分なりに向き合って考えていきたいと思っています」と明かした。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ