[CL]アトレティコ、S・ニゲスのヘディング弾で先制も……  アザールの超絶ドリブルに屈す[映像アリ]

数少ない決定機を活かしたニゲス(写真右) photo/Getty Images

GSを突破できず

5日にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第6節が行われ、グループCのアトレティコ・マドリードがチェルシーと対戦した。

決勝ラウンド進出にむけて勝利が必要なアトレティコは、序盤からボールを支配。しかし、チェルシーの堅固な守備を前に最前線のグリーズマンとトーレスにボールを供給できない展開が続く。

アトレティコの攻撃をいなしたチェルシーはカウンターで応戦。モラタやザッパコスタが惜しいミドルシュートを放つが、相手GKオブラクのファインセーブもあり、先制点を奪えず。両チーム無得点で前半を終える。

チェルシーの粘り強い守備に苦しめられてきたアトレティコは56分、コーナーキックからチャンスを作ると、ニアサイドで待ち構えていたトーレスが後方にボールをそらす。このボールにファーサイドで反応したニゲスがヘディングで押し込み、待望の先制点を挙げた。

先制点を手に入れたアトレティコのシメオネ監督は、トーレスに代えてカラスコを投入。中盤の人数を増やしてチェルシーの攻撃を吸収しにかかるが、アザールの個人技に屈する。75分に同選手が切れ味鋭いドリブルで敵陣ペナルティエリア左隅に侵入すると、同選手のグラウンダークロスがサビッチのオウンゴールを誘い、チェルシーが同点に追いついた。

その後、シメオネ監督は勝利を求めてコレアとビエットを投入するも、決定機を演出するには至らず。試合はこのまま終了。直近の5シーズンで2度の決勝進出を果たしたアトレティコだが、同監督の下では初となるグループステージ敗退が決まった。

[メンバー]
チェルシー:クルトワ、アスピリクエタ、クリステンセン、ケイヒル、カンテ、セスク、バカヨコ(→ペドロ 64)、ザッパコスタ(→ウィリアン 73)、モーゼス、アザール、モラタ(→バチュアイ 81)

アトレティコ:オブラク、ヒメネス(→ビエット 79)、サビッチ、エルナンデス、ルイス、ガビ(→コレア 78)、ニゲス、コケ、パルティ、トーレス(→カラスコ 57)、グリーズマン

[スコア]
チェルシー 1-1 アトレティコ

[得点者]
チェルシー:OG(75)

アトレティコ:S・ニゲス(56)






参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ