移籍失敗で練習ボイコット マフレズの愚行に現地解説者「大きな赤ん坊」

かねてよりビッグクラブへの移籍を希望しているマフレズ photo/Getty Images

「クラブとの契約を全うする義務がある」

2014年よりレスター・シティに在籍しているMFリヤド・マフレズ。マンチェスター・シティからの獲得オファーを受け、レスター側にトランスファーリクエスト(移籍志願書)を提出したことで知られる同選手だが、今冬の移籍期間内に両クラブが条件面で折り合わず、交渉が破談に。移籍期間終了後もチーム練習を欠席し続けている。

こうした状況のなか、プレミアリーグの解説者として知られるクリス・サットン氏(元イングランド代表)が一連の騒動について言及。現所属先で最善を尽くそうとしない同選手への批判を口にした。英『BBC SPORT』が伝えている。

「彼は“大きな赤ん坊”なのか。ビッグクラブに移籍できなくて落ち込んでいるのは分かるが、プロである以上クラブとの契約を全うする義務がある。彼の行為は監督やチームメイトを失望させるものだ」

移籍を希望する選手が、故意と思われる形で現所属先の秩序を乱すケースが増えている近年のサッカー界。クラブとの契約を軽視する選手に対し、今後はより厳しい対応が求められるだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ