「ドルトムントはバイエルンの競争相手になり得ない」 ファン・ハール氏の発言の真意とは

サッカー界の現状を嘆かわしく思っているようだ photo/Getty Images

「スモールクラブを育て上げる時間が与えられない」

アヤックスを皮切りに5つの欧州クラブで指揮を執り、オランダ代表監督も歴任したルイ・ファン・ハール氏。昨年のマンチェスター・ユナイテッドでの指揮を最後に現場から遠ざかっている同氏だが、一時はバイエルン・ミュンヘンで解任の憂き目に遭ったカルロ・アンチェロッティ氏の後任候補に浮上するなど、各方面より現場復帰を望む声があがっている。

こうした状況のなか、同氏がレヴァークーゼンから監督就任オファーを受けていたことを暴露。同クラブからのオファーを断った理由を明かすとともに、近頃のサッカー界でスモールクラブを強豪に仕立て上げることの難しさについて言及した。独『DER WESTEN』が伝えている。

「(オファーを貰った)レヴァークーゼンは有望な若手の宝庫だ。私に合う職場だと感じたが、オファーを断ったよ。なぜなら近年のサッカー界では、スモールクラブを地道に育て上げるだけの時間が与えられないからだ。(有望な若手が集う)あのドルトムントもバイエルン・ミュンヘンの競争相手にはなり得ないだろう」

目先の結果を求めてスター選手を買い漁り、成績不振の度に性急な監督人事に踏み切るクラブが増えている近年のサッカー界。こうした現状を嘆かわしく思うファン・ハール氏の心情が、前述のコメントに表れているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ