ナインゴランが代表引退に待った 「2大会続けてW杯に出ないのは残念」

ローマに所属するナインゴラン photo/Getty Images

メンバー漏れで怒りを示していたが……

ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、先日発表されたベルギー代表のメンバーリストに自身の名前がなかったことから代表引退を仄めかす発言をしていた。自身が代表メンバーから漏れたことへの怒りからくる発言だったのだろうが、どうやら少し考えが変わってきたようだ。

ベルギー『HLN』によると、ナインゴランは代表引退を宣言してからローマのモンチSDと話し合ったという。そこで同SDから説得されたこともあり、もう1度ワールドカップを目指そうとの思いに変わってきたことを明かしている。

「彼はワールドカップに出場しないといけないと言っていたし、難しくともオレも出場したい。2大会続けてワールドカップに出ないのは残念なことだからね。チャンピオンズリーグと並んで最も美しい大会だから。オレはタバコを吸う。それは本当だし、酒も飲む。だけど、オレだけじゃない。オレが代表から離れるのは常に競技とは関係のないことでだ。オレはライフスタイルを隠さないし、恥ずかしく思うこともない」

「ローマでの自分のパフォーマンスは良いと思っている。もし戦術的な問題があるなら、マルティネスはオレに言うべきだ。だけどイタリアで過ごした13年間でオレは何か問題があったとは思わない。ベルギー代表のMFとしても2、3度良い試合をした。フランス代表戦ではほとんどDFとしてプレイし、25ヤードのゴールも決めたのだから」

ナインゴランは先日怒りをぶちまけていたが、もう1度ロシア行きを目指す考えに変わってきているようだ。ナインゴランは前回大会もワールドカップメンバーから漏れているため、出場したいとの意志は強いはず。ベルギー代表としてもナインゴランは大きな戦力となるが、今後代表監督のロベルト・マルティネスはナインゴランをどう扱っていくのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ