マンUはデ・リフトよりブランスウェイトを獲得すべし! リヴァプールのレジェンドがそう語る理由とは

今夏の去就が注目される photo/Getty Images

CBの補強が必須

マンチェスター・ユナイテッドは今夏センターバックの補強に動く必要があり、ここまではエヴァートンのジャラッド・ブランスウェイトやバイエルンのマタイス・デ・リフトといった名前が浮上している。

最初獲得に動いていたのはブランスウェイトだ。ユナイテッドはボーナスを含めた4300万ポンド(約88億円)のオファーを提出したようだが、エヴァートンは約7000万ポンド(約143億円)を要求し、拒否。そのため、ブランスウェイトより安価で獲得できるデ・リフトへシフトチェンジしたと考えられている。

そんななか、リヴァプールのレジェンドであるフィル・トンプソン氏は『Paddy Power』にて、ユナイテッドはデ・リフトよりブランスウェイトの獲得に動くべきだという自身の考えを語った。
「マタイス・デ・リフトは良い選手だが、マンチェスター・ユナイテッドを見ていると、プレミアリーグを知っている選手が必要だと感じる。彼らはレアル・マドリードからラファエル・ヴァランを獲得したが、彼はうまく機能しなかった」

「だからデ・リフトがチームに加われば、彼が落ち着くまで少し時間がかかるかもしれない。それはユナイテッドが絶対にやってはならないことだ。ジャラッド・ブランスウェイトはトップクラスの選手で、将来はイングランド代表になるだろう。彼は一流の選手だと思うし、もし私がマンチェスター・ユナイテッドの立場だったら、彼を獲得するだろう」

即戦力が必要なユナイテッドにはプレミアリーグでのプレイ経験があるCBが必要だと語ったトンプソン氏。確かにチームだけではなくリーグも変われば適応するのにも時間がかかる可能性もあり、23-24シーズンは怪我人に苦しめられたユナイテッドにとってはプレミアリーグの強度や過密日程にも慣れている選手の方が好ましい。

ブランスウェイトは以前からユナイテッドが興味を示しており、獲得したいと考えていた選手ではあるが、やはりネックとなるのが移籍金だろう。デ・リフト獲得が近づいているユナイテッドだが、今後の動きに注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ