ドイツ代表の守護神は本当にノイアーでいいの? ”ロシアW杯GKランクTOP10″が面白い

ドイツ代表の1番任されるノイアー photo/Getty Images

2番手GKがW杯では第2位の実力者?

ドイツ代表はワールドカップ本番で4年前と同じくマヌエル・ノイアーが守護神を務めると予想されており、バルセロナで好パフォーマンスを見せてきたマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは2番手となる。

しかしここで興味深いのは、英『Squawka』が紹介した「ロシアワールドカップ・GKランキングTOP10」だ。このランキングを見ると、やはり長期離脱明けのノイアーが守護神を務めることには多少の違和感がある。

10位:エッサム・エル・ハダリ(エジプト代表)

9位:ルイ・パトリシオ(ポルトガル代表)

8位:ウーゴ・ロリス(フランス代表)

7位:マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)

6位:エデルソン・モラレス(ブラジル代表)

5位:ケイロル・ナバス(コスタリカ代表)

4位:ティボ・クルトワ(ベルギー代表)

3位:アリソン・ベッカー(ブラジル代表)

2位:マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ代表)

1位:ダビド・デ・ヘア(スペイン代表)


ドイツはノイアーが7位、テア・シュテーゲンが2位となっているのだ。同メディアは4年前の段階ではノイアーが間違いなく世界最高だったと認めているが、怪我明けの現在のパフォーマンスには疑問もあると指摘している。

一方でテア・シュテーゲンは今季80.3%のセービング率をバルセロナで記録しているが、これは欧州五大リーグでは2番目の数字だという。そんな選手が2番手に甘んじているとは奇妙な構図だ。ノイアーの功績は偉大だが、これまでの記憶に囚われすぎるのも考えものか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ