ドルトムントは来季もっと優秀な指揮官を連れてくるべき シュテーガーは不十分と独メディアはバッサリ

ドルトムントを指揮するシュテーガー photo/Getty Images

トップ4入りだけでは不十分

今季途中に成績不振で解任されたピーター・ボスに代わってドルトムントの指揮官に就任したペーター・シュテーガーは、就任以降リーグ戦では無敗を維持するなど一定の結果は出していた。しかし、ヨーロッパリーグ・ベスト16でザルツブルクに敗れたことで評価は変わりつつある。

現在リーグ戦で3位につけるドルトムントは、このまま黒星なく戦うことができればチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるだろう。しかし独『DW』はドルトムントがトップ4入りだけで満足するようなクラブではなく、シュテーガーはドルトムントが探し求めるトップレベルの指揮官ではないと切り捨てている。

ザルツブルク戦の2ndレグでの采配も同メディアは批判しており、シュテーガーは0‐0で迎えた後半開始からマリオ・ゲッツェとマルコ・ロイスの2人を同時に下げている。同メディアは得点が欲しい中で2人を下げたことに納得しておらず、より一層攻撃に創造性が無くなってしまう原因になったと捉えている。

シュテーガー就任以降は日本代表MF香川真司が絶好調モードに入ったこともあり、日本のサッカーファンの中にはシュテーガーを支持する人も多いかもしれない。しかし同メディアはザルツブルク戦の内容は悲惨で、ドルトムントは来季さらに大きな目標を掴むためにトップレベルの指揮官を招聘すべきとの考えだ。

目標とするのはチャンピオンズリーグの決勝トーナメント入り、さらにバイエルンを破ってのリーグ制覇だ。難しい目標だが、トップ4に入っていれば満足というクラブでないのは確かだ。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました。

ダウンロードはこちらから(iOS版)
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ