“全盛期のギグス級”のドリブル!? アーセナルを翻弄したサネをキャラガー絶賛

アーセナルを翻弄したサネ photo/Getty Images

左サイドから何度もチャンスメイク

マンチェスター・シティは先日のカラバオ杯決勝に続き、1日に行われたリーグ戦でもアーセナルを3‐0で撃破した。この試合で輝きを放ったのがFWレロイ・サネだ。

左サイドで先発したサネは、何度もドリブルでアーセナル守備陣を翻弄。大きなサイドチェンジからサネと相手DFの1対1の状況を作り出すのがマンCのパターンの1つとなっており、アーセナルはサネを止めることに苦労していた。特に凄かったのはベルナルド・シウバの先制点を演出したシーンだろう。左サイドからドリブルでアーセナル守備陣を次々とかわし、中央まで侵入してベルナルド・シウバにパスを出している。

英『sky SPORTS』によると、解説を務める元リヴァプールDFジェイミー・キャラガー氏はこのプレイについて、「前半だけでこれほど凄い3ゴールを見たことはない。サネからだ。ライアン・ギグスの全盛期のようだ」と絶賛している。

近年は利き足と逆のサイドでプレイするウイングも増えたが、左サイドから左利きのサネが鋭くカットインする姿は元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスを思わせるものがあった。全盛期のギグス級のドリブラーとなれば、サネを1対1で抑えるのはほとんど不可能になるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ