「武藤が自身の目標に近づいた」 残留争うマインツを支える点取り屋が掲げた10ゴールの誓い

マインツのエース・武藤 photo/Getty Images

チームトップの点取り屋は残留に導けるか

マインツは現在16位と残留を争う位置にいるクラブだが、前線では激しいポジション争いがある。これまで最前線の位置を守ってきた日本代表FW武藤嘉紀が23日のヴォルフスブルク戦では先発から外れ、ロビン・クアイソンとエミル・ベルグレーンの2人が先発している。クアイソンは後半戦に入ってから状態を上げており、ベルグレーンは194cmとサイズがある。防戦一方になることも多いマインツのようなクラブにとって、前線にサイズのあるFWが構えている意味は大きい。最下位のケルンで長身FWシモン・テロッデが存在感を放っているのも同様の理由だ。

しかし、武藤はスタメンから外れても腐ることはなかった。ヴォルフスブルク戦では負傷交代したベルグレーンに代わって前半40分にピッチに入ると、その4分後にはクロスに左足で合わせて貴重な同点弾を記録。残留を争うチームにとっては非常に重要な勝ち点1をチームにもたらした。

ブンデスリーガ公式も武藤の働きを取り上げているが、注目されているのは武藤がシーズン前に立てた目標だ。武藤は最低でも10ゴール、できれば15点までとの目標を掲げていた。ヴォルフスブルク戦の得点は今季リーグ戦7点目で、同サイトも「彼の個人的な目標に近づいている」と伝えている。

また武藤が自身の目標をクリアすることはチームの1部残留にも大きく関わってくるとの見方を示しており、チームトップの得点数を誇る武藤がどこまで数字を伸ばせるかがシーズン終盤戦のカギとなるだろう。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ