[ACL]柏は相性の良さ活かせずまさかの逆転負け 全北現代に敗れる悔しいスタートに

シュートを放つハモン・ロペス photo/Getty Images

同日には川崎フロンターレも黒星

13日、柏レイソルはAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節で韓国の全北現代と対戦した。柏は韓国勢から恐れられている存在で、今回対戦した全北現代も過去3大会では柏に1分5敗と派手にやられている。柏としては相性の良さを活かして勝ち点3スタートを切りたいところ。

試合はその相性通りに幕が開け、前半10分にはロングボールに抜け出したFWハモン・ロペスが飛び出してきたGKの動きを見て冷静なループシュート。コロコロと転がったボールがゴールに決まり、幸先よく柏が先制した。さらに前半27分にはFWクリスティアーノとハモン・ロペスのコンビで左サイドを破り、ハモン・ロペスがシュート。このこぼれ球を大宮アルディージャから加入した10番を背負う江坂任が押し込んで2-0。柏ペースで前半を終える。

ところが、後半に入ると流れは一転。全北現代が流れを変えるべく38歳のベテランFWイ・ドングクを投入した策がヒットし、55分にコーナーキックからそのイ・ドングクが頭で合わせて2-1。さらに75分には全北現代の直接フリーキックが柏の壁に当たって宙に浮き、それをクリアできないでいるとキム・ジンスにダイビングボレーで華麗に合わせられ2-2の同点に。前半のペースがすっかり変わってしまい、相性が良いとのイメージは崩れてしまった。

そして84分、今度は相手が放り込んできたボールを柏の最終ラインが処理できず、最後はイ・ドングクが見事なコントロールショットを沈めて2-3。柏は全北現代にまさかの逆転負けを喫し、黒星スタートとなった。同日には川崎フロンターレも上海上港に敗れたため、Jリーグ勢は2チームが黒星でスタートすることになった。

[スコア]

全北現代 3-2 柏レイソル

[得点者]

全北現代:イ・ドングク (55、84)、キム・ジンス(75)

柏レイソル:ハモン・ロペス(10)、江坂任(27)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:未分類

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ