今季のレアルに“王者”の面影なし 頭を悩ませるジダン「心配はしていないが……」

ベンチの前からピッチを見つめるジダン監督 photo/Getty Images

終盤の失点でドロー決着

昨シーズン、史上初のチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げ、リーガ・エスパニョーラ優勝を果たしたレアル・マドリードだが、今季はその面影が見られない。チームの指揮官を務めるジネディーヌ・ジダン監督も、リーグ戦で思うように加点を積み上げられず、現状に頭を悩ませているようだ。

3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節で、レバンテとアウェイで対戦したレアル。2度のリードを守りきれず、2-2のドロー決着となった。試合後の記者会見でインタビューに応じたジダン監督は「我々がゲームをコントロールしていた。特に前半は。そして後半、最も困難な2点目を奪うこともできた。ただ、避けられた2失点目を我々は防ぐことができなかったんだ。あの一瞬、集中が切れてしまい、勝ち点2ポイントを取り逃がしてしまった」とレバンテ戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。

さらに「我々がしているのはサッカーだ。対戦相手が困難を与えてくるのは当然。ああいう失点をしないために取り組んできたから残念だよ。しかし、リーガは最後までわからない。3連勝を飾らなければならなかったが、心配はしていない。ただ、満足もしていない。勝利することができなかったからね」とコメントした。

はたして、レアルは復調のきっかけをつかむことができるのか。同クラブは次節、10日にレアル・ソシエダをホームのサンティアゴ・ベルナベウへ迎え入れる。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ