マンU、“クライファートの息子”の獲得調査を開始

今季終了後に移籍か photo/Getty Images

モウリーニョ監督が獲得を熱望

元オランダ代表のパトリック・クライファート氏を父に持ち、現在はアヤックスに在籍しているFWジャスティン・クライファート(18歳)。今季の公式戦(23試合出場)で6得点3アシストを記録するなど、潜在能力の高さを見せつけている。

今後のステップアップが期待されるなか、マンチェスター・ユナイテッドが同選手の調査を開始。同クラブが今季終了後の同選手獲得を目指し、先方と交渉を開始する準備を進めていることが英『Mirror』で報じられた。

昨季のUEFAヨーロッパリーグ決勝(マンチェスター・ユナイテッド対アヤックス)の舞台で、ジョゼ・モウリーニョ監督より「私のストライカーになってくれないか」と勧誘されたジャスティン・クライファート。 日増しに移籍への気運が高まっている同選手だが、どのような決断を下すのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ