バイエルンを離れる時はどこへ行く? コマン「去らなければならない時がくれば選択肢は1つ」

バイエルンで成長するコマン photo/Getty Images

長くバイエルンに留まると宣言するも

2015年からバイエルンでプレイするFWキングスレイ・コマンは、フランク・リベリとアリエン・ロッベンのベテラン化に伴って存在感を増している。特にリベリ不在時は左サイドで好パフォーマンスを披露しており、21歳という年齢を考えるとさらに伸びるだろう。

独『Bild』によると、コマンも出来る限り長くバイエルンに留まりたいと考えているようだ。そしてバイエルンを離れなければならない時がくれば、古巣であるパリ・サンジェルマンに復帰したいとの意志を明かしている。

「僕は確実に今後5、6年はここに留まるよ。ただ、10年間留まるとは言えないね。その時僕は31歳だからね。それでもここに長く留まると宣言はできる。もしいつかバイエルンを去らなければならない時がくれば、同じようなビッグクラブに行かないといけない。選択肢は1つある。同じくらい長くプレイした僕の大好きなクラブであるPSGだ」

コマンはPSGで大ブレイクとはいかなかったが、2004年からクラブの下部組織でプレイしてきた。いつの日か母国フランスでプレイしたいとの思いもあるだろう。5、6年経った時にコマンがどんなウイングに成長しているのか今から楽しみだ。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ