[移籍]リーガで躍進中のバレンシア アーセナルの守備を支えた“ボールハンター”を獲得 

アーセナルで出番を失っていたコクラン photo/Getty Images

2022年までの契約にサイン

バレンシアは11日、MFフランシス・コクラン(前アーセナル)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間が2022年6月30日までに設定されたことがバレンシアの公式ホームページで伝えられている。

ロリアンやフライブルク、及びチャールトンへのローン移籍を経て、2014年12月にアーセナルに復帰したコクラン。持ち前の力強い対人守備で同クラブの中盤を支えてきた同選手だが、今季のプレミアリーグ第22節終了時点で先発出場が1試合に留まるなど、クラブ内での序列が低下。この状況を受け、今冬に同クラブ退団を決断した。「僕にとって大きな挑戦」と、バレンシアの公式ホームページを通じて意気込みを語った同選手だが、堅守速攻を武器に今季のリーガ・エスパニョーラで3位につけている同クラブで存在感を示すことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ