今季リーグ戦で僅か4得点 決定機逸のロナウドをスペイン紙酷評「もはや壊滅状態」

厳しい声を浴びせられているロナウド photo/Getty Images

不用意なボールロストも目立ったロナウド

7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節で、セルタに2-2で引き分けたレアル・マドリード。首位バルセロナとの勝ち点差が16にまで開いたことから、リーグ優勝が絶望的な状況となっている。

こうした状況のなか、スペイン紙『MARCA』が同試合で決定機を逃し続けたFWクリスティアーノ・ロナウドを酷評。「このストライカーはもはや壊滅状態にある。(得意な)フェイントもなければゴールもない。彼は今季の国内リーグで4得点に留まっているが、またしても試合から消えてしまった」

不正確なシュートでチャンスを台無しにしたほか、不用意なボールロストで相手のカウンターの起点となってしまう場面が散見されるなど、明らかに精彩を欠いていたロナウド。長いトンネルから抜け出せずにいる同選手だが、自らのプレイで周囲の雑音を一蹴することができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ