クロップ監督、コウチーニョ退団で悔しさ吐露「あらゆる手段を尽くしたが……」

試合後にコウチーニョとハグをするクロップ監督 photo/Getty Images

「とても不本意なことだ」

ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、リヴァプールからバルセロナへ移籍することがついに発表された。リヴァプールの指揮官を務めるユルゲン・クロップ監督が、同選手について口を開いた。

2013年にリヴァプールへ加入して以降、チームの主力として活躍しているコウチーニョ。今季もここまで公式戦20試合に出場して12ゴール9アシストを記録しており、チームになくてはならない存在となっていた。同選手の退団に伴い、リヴァプールの公式サイトを通じてクロップ監督は「チームとしてもクラブとしても、良き友人であり、素晴らしい人間であり、ファンタスティックな選手でもあるコウチーニョに別れを告げる準備をすることは、とても不本意なことだ」と悔しさをにじませた。

そして「最初にバルセロナが関心を示した7月以降、フィリペがこの移籍を望んでいたことは秘密ではなかった。私やオーナー、チームメイトにも、この移籍が実現することを切望していたよ」と明かしている。

さらに「我々はクラブとして、スペインへ行くことよりもリヴァプールに残ることが魅力的だと説得するために、あらゆる手段を尽くした。リヴァプールのサポーターたちに、これだけは言うことができる」と述べた上で「だが、彼はバルセロナに所属することが未来に繋がると、100%確信していたんだ。それは彼の夢でもあったからね。私は現時点で、彼の心を変えることができないと感じたよ」とコメントした。

しかし、クロップ監督は「サポーターが失望しているのも理解できる。でも選手が入団したり、退団したりするのがサッカー。クラブはこれまで重要な選手を失っても進化し続け、十分な強さを保ってきた。我々はこのような瞬間を乗り越え、これからも前へ進んで行く」と飛躍を誓っている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ