ドルトムントで眠る”天才”を待っている! ドイツ代表サポーターがW杯で左サイドを任せたいのは……

激戦のメンバー争いあるドイツ代表でサポーターが望むのは…… photo/Getty Images

驚きの結果に

前回大会王者として2018ロシアワールドカップに臨むドイツ代表は、優勝を狙えるチームを2つか3つほど作れると言われるほどタレントが揃っている。前回の優勝経験者ですらメンバー入りできるか分からないほど争いは熾烈で、最終メンバーを予想するのは非常に難しい。

そこでブンデスリーガ公式は、ワールドカップで誰を先発起用してほしいのかポジション別にアンケートを取っている。確かにメンバー争いは激しいが、このアンケートを見るとスタメンは固まっているように感じられる。

まずGKはマヌエル・ノイアーが91%もの票を獲得しており、信頼感は抜群だ。最終ラインも人気がはっきりしている。右サイドバックはバイエルンのジョシュア・キミッヒが92%で1位、左サイドバックはケルンのヨナス・ヘクターが58%で1位、それにアウグスブルクDFフィリップ・マックスが24%で続く。センターバックは不動のコンビでマッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングがそれぞれ選ばれている。

中盤はボランチにユヴェントスのサミ・ケディラとレアル・マドリードのトニ・クロースが人気を確立している。こちらも前回の優勝を知るメンバーだ。驚きなのは2列目だ。

まず右サイドハーフにはバイエルンのトーマス・ミュラーが64%の票を獲得して1位、トップ下にはアーセナルのメスト・エジルが60%で1位と、ここは予想通りだ。エジルをシャルケのレオン・ゴレツカが追いかけているが、サポーターはまだエジルのことを高く評価している。

サプライズなのは左サイドハーフで、1位にはドルトムントMFマルコ・ロイスが選ばれているのだ。ロイスは54%の票を獲得し、パリ・サンジェルマンMFユリアン・ドラクスラー(41%)を上回っている。ロイスは負傷による離脱が続いており、今季も満足にプレイできていない。前回のブラジルワールドカップも怪我で不参加となり、EURO2016ではまさかのメンバー漏れを経験している。それでもサポーターはロイスのことを高く評価しており、ロシアの地でプレイしてほしいと願っているようだ。いかにロイスの才能が認められているかが分かる結果と言えよう。

最前線にはライプツィヒで活躍するティモ・ヴェルナーが選ばれており、こちらも不動の人気を確立しつつある。

果たしてドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴはロシアの地でどのようなイレブンを組んでくるのか。ロイスがサポーターの期待に応えるには、まずドルトムントでしっかりと結果を出す必要がありそうだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ