バロテッリ、ボージャン、トーレス、カリニッチ…… イブラ退団後はミランを支えるFWがいない!

ミランで得点を量産したイブラヒモビッチ photo/Getty Images

伊メディアは前線の質を問題視

指揮官をジェンナーロ・ガットゥーゾに代えても状態が上がらない。いったいミランはいつからこれほど弱くなってしまったのか。

断定することは難しいが、落ち込み始めたのはFWズラタン・イブラヒモビッチとDFチアゴ・シウバが退団した2012年あたりからではないだろうか。当時チームの柱だった2人の放出からミランの陣容は一気に地味なものとなり、崩壊がスタートした。

伊『Calciomercato』が注目しているのは、イブラヒモビッチ退団後にミランが獲得してきたセンターフォワードの選手たちだ。ジャンパオロ・パッツィーニ、ボージャン・クルキッチ、マリオ・バロテッリ、アレッサンドロ・マトリ、フェルナンド・トーレス、マッティア・デストロ、カルロス・バッカ、ルイス・アドリアーノ、ジャンルカ・ラパドゥーラ、ニコラ・カリニッチ、アンドレ・シウバの獲得にミランは1億5000万ユーロもの資金を投じてきたが、同メディアはイブラヒモビッチ退団以降頼れるセンターフォワードがいないと嘆いている。

イブラヒモビッチはミランで通算85試合56得点の成績を残しており、その存在感は絶大だった。退団後最も得点が期待できたのは間違いなくバッカだが、ミランはすでにバッカを手放している。同メディアはバッカを納得させられなかったことも大きな失敗と伝えており、ミランの前線が機能していないと厳しい指摘をしている。

なかなか得点を決められないカリニッチ、アンドレ・シウバは批判が避けられず、イブラヒモビッチの穴は今も埋まらないままだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ