今度こそベイル完全復活なるか CWCでのパフォーマンスに本人は手応え

CWCで復活果たしたベイル photo/Getty Images

離脱と復帰のサイクルに終わりを

今度こそレアル・マドリードFWガレス・ベイルは完全復活となるだろうか。

ベイルは1度11月末に行われたスペイン国王杯4回戦のフエンラブラダ戦で復帰を果たし、早々に左のアウトサイドから見事なクロスで得点をアシストした。ところが、その試合で再び離脱。そして13日、ベイルはクラブワールドカップ準決勝アル・ジャジーラ戦で再びの復帰を果たすこととなった。

そのベイルが再び魅せた。80分からピッチに入ると、ルーカス・バスケスの折り返しを左足で押し込んで貴重な逆転弾を記録。チームを勝利に導く一撃となった。また、終盤には左サイドから折り返したボールをジャンピングボレーで合わせるアクロバティックなプレイも見せ、相変わらずピッチに立てば何かを変えてくれる予感はある。

スペイン『MARCA』によると、ベイルは復帰戦で良いインパクトを残せたと手応えを語り、チームの決勝進出を喜んでいる。また、この試合を大きく左右したビデオ判定(VAR)にも言及。前半にはカゼミロのヘディングゴールがVARの結果ファウルとなり、後半にはアル・ジャジーラの得点もVARの結果オフサイドとなった。ベイルはVARは不要との見方を示しており、2つの判定に時間を取られたことを嫌っている。

「得点できたのは嬉しい。怪我から復帰すれば、今日僕がやったようにインパクトを残したいものさ。何より最高なのはチームがファイナルに進んだことだね。VAR?僕は好きじゃないね。フットボールはVAR無しの方が良いよ。ただ、それを決めるのは僕じゃないけどね」

この試合ではやや判定に振り回されたところはあるものの、ベイルがそうした空気を振り払ってみせた。ここから完全復活となるのか。先日クリスティアーノ・ロナウドが再びBBCが揃ってプレイできればと語っていただけに、ベイルにはもう怪我での離脱だけは避けてもらいたいところだ。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ