レアル行きが噂された“NEWロナウド” 宿敵が強奪を検討か

苦境に立たされているA・シウバ photo/Getty Images

新監督にむけたアピールも不発に

今夏にポルトからミランに移籍したFWアンドレ・シウバ。屈強なフィジカルと高い足下の技術を併せ持つことから、同じポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドの後継者との呼び声が高い同選手だが、今季のセリエAで先発出場が4試合に留まるなど、苦境に立たされている。

レアル・マドリードへの移籍の噂が各メディアで報じられるなか、新たにバルセロナが獲得レースに参戦したことが英『TRIBAL FOOTBALL』で話題に。既に同クラブが4500万ユーロ(約60億円)の入札に踏み切ったことが併せて伝えられたことから、一連の噂の信憑性が高まっている。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督よりUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第6節(リエカ戦)のパフォーマンスを酷評されるなど、早くもミランでの立場が微妙なものとなっているシウバ。また、同クラブがUEFAよりファイナンシャル・フェアプレイ制度違反の嫌疑をかけられていることもあり、人員整備を目的とした同選手の放出に踏み切る可能性も否定できない。バルセロナの1回目の入札を拒否したことが同メディアで伝えられたミランだが、今後も動向を注視する必要があるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ