次期バロンドール候補と言われながら19位…… コンテが語るアザールとC・ロナウドらとの違い

才能を高く評価されるアザール photo/Getty Images

世界最高になるために欠けているもの

近い将来バロンドールを獲得できるだけの実力がある。チェルシーMFエデン・アザールはそう言われ続けてきた。しかし先日発表されたバロンドール2017を制したのはまたしてもレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドで、アザールは何と19位だった。次期バロンドール候補とされながらトップ10にすら入れなかったのは何とも残念な結果だ。

アザールに必要なのは、さらに勝利を求めるハングリー精神なのだろう。英『Independent』によると、チェルシーの指揮官アントニオ・コンテはロナウドやリオネル・メッシ、ネイマールらは常に勝利に飢えていて、その姿勢をリスペクトしているとコメント。アザールにも能力があることは認めているが、ロナウドらを見習うべきと感じているようだ。

「ロナウドらはどんな瞬間でもハングリーなんだ。1点決めたら、2点目、2点目を決めたら3点目を求める。彼らはハングリーで、それこそがスペシャルな理由なんだ。彼らは勝利を求めている。彼らにとって過去は問題じゃない。勝って、勝って、勝って、勝ち続けることを望んでいるんだ。私が彼らをリスペクトする理由はそこにあり、彼らはそのレベルを維持するためにハードワークしなければならない。これはタフなことだよ。エデンはこうした巨人たちに挑むだけの特長を持っている。だからトライしなければならないんだ。彼にはポテンシャルがあるけど、これを超えるのは簡単じゃないね」

結局2008年からスタートしたロナウドとメッシのバロンドール支配は10年を迎えた。10年も世界トップレベルでいることは簡単なことではない。彼らの才能はもちろんだが、飽くなき向上心と常に勝利を求めるハングリーさこそ最大の強みなのだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ