“ローマの王子”が明かした唯一の後悔とは トッティ氏、25年間の現役生活を回想

長きにわたりローマの10番を背負ったトッティ氏 photo/Getty Images

「多くのタイトルを勝ち取れなかった」

昨季をもって現役生活に終止符を打った元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、自身のキャリアを改めて振り返った。

ローマの下部組織出身で、1993年に16歳ながらトップチームデビューを果たしたトッティ。「ローマの王子」として、25シーズンにわたって愛するクラブ一筋でプレイした。2000-01にはスクデットを獲得し、2006-07からはコッパ・イタリアの2連覇を経験している。

そんなトッティ氏が伊『SPORT MEDIASET』のインタビューに応じると「私は一つのユニフォームを着続け、キャリアの全てをチームへ捧げることで愛を示せたと思う。これはいつの時も私の夢だったし、達成するためにうまくやりくりしたよ」とコメント。ただ、心残りもあるようで「私はできるだけ多くのものをチームへ与えたかった。だから、あまり多くのタイトルを勝ち取れなかったことが唯一の後悔かな。獲得したものに関しては満足している。私にとってそれは誇りだし、大切なものだからね」と述べている。

さらに、思い出の試合について「チャンピオンズリーグは、できるだけ先へ進むことを目指す大会。他とは異なる大会だし、そこでプレイできるのは素晴らしいことだ。(2014年9月のマンチェスター・シティ戦は)特別な試合だった。彼らがヨーロッパで最強のチームの一つであることは知っていたからね。ナインゴランが完璧なパスをくれて、私はチップキックで決めた。チャンピオンズリーグでの得点は、他の試合とはやっぱり違うね」と明かした。

引退後はローマのフロント入りを果たしたトッティ氏。インタビューで「あまり多くのタイトルを勝ち取れなかった」と後悔を口にしたが、現役時代の無念を果たすためにも、いつか指揮官としてローマを率いる姿も見てみたいものだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ