イタリアに波乱の予感! W杯欧州プレーオフはホームのスウェーデンが先勝[映像アリ]

歓喜のスウェーデン代表 photo/Getty Images

イタリアにとっては悪い結果に

今回の2018ロシアワールドカップ欧州プレーオフの中で最も注目を集めるカードの1つだったのが、スウェーデン代表とイタリア代表の一戦だ。その1stレグが10日にスウェーデンのホームで行われ、1-0でスウェーデンが先勝した。

イタリアは当初の予想通りキエッリーニ、バルザッリ、ボヌッチの3バックを選択し、ウイングバックには右にカンドレーヴァ、左にダルミアン。中盤にはパローロ、ヴェッラッティ、デ・ロッシの3枚、最前線にはインモービレとベロッティの2枚を配した。

イタリアはアウェイでの第1戦ということもあり、まずは失点しないことを重視。一方のスウェーデンはホームのサポーターの声援を背に序盤からアグレッシブな姿勢を見せた。

前半は決定機も少なかったが、後半にスウェーデンが試合を動かす。61分、スウェーデンがロングスローを放り込むと、両チームの選手が競り合ってボールがこぼれた。それを途中出場のヨハンソンがダイレクトでシュートを放つと、これがデ・ロッシの足に当たってコースが変わりゴールへ。スウェーデンが先制に成功する。

その後イタリアはエデル、インシーニェと攻撃的なカードを切るが、粘り強いスウェーデンから得点を奪うことができない。結局試合は1-0でスウェーデンが勝利し、波乱を感じさせる結果で第1戦を終えた。

この組み合わせが決まった際には元スウェーデン代表のケネット・アンデション氏が「私は第1戦をスウェーデンが1-0で制し、アウェイでは0-0と予想するよ」とコメントしていたが、第1戦はその予想通りの結果となっている。

[スコア]

スウェーデン 1-0 イタリア

[得点者]

スウェーデン:ヤコブ・ヨハンソン(61)



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ