若くしてレアルの一員となり、29歳で引退 ドレンテが語る「誠実ではない人たちも多くいる」

レアルでプレイした経験を持つドレンテ photo/Getty Images

レアルで味わった様々な誘惑

若い頃からビッグクラブの注目を集め、かつてはレアル・マドリードでもプレイしたオランダ人MFロイストン・ドレンテを覚えているだろうか。2007年にフェイエノールトからレアルに加入したものの、思うような活躍はできず2012年に退団。今年2月には29歳の若さで現役引退を表明し、音楽活動に専念している珍しいキャリアを歩んだ人物だ。

スペイン『MARCA』によると、ドレンテはサッカーを心の底から楽しめなかったことが理由で現役を引退したとのだという。若くしてレアルに加入したドレンテには様々な刺激があったようで、当時のことをインタビューで振り返っている。

「29歳でやめたのはハッピーじゃなかったからだ。疲労感があって元気もなく、絶望感もあった。キャリアは充実したものじゃなかったし、やめる決断をしたんだ。代理人との間にも問題はあった。名前は出したくないけど、フットボールの世界には誠実ではない人たちも多くいるんだ。多くの人たちが僕を利用し、間違った方向に引っ張ろうとした。だから最後の数年は代理人を置かないことにしたんだ」

「夜の街に出かけたか?それはyesだ。毎晩ではないが、よく出かけたよ。時にはコソコソと出なければならなかったこともある。正しい時間ではなかったからね。毎晩Noと断るのは簡単じゃないんだ。マドリーの選手には数多くの誘惑があるからね。マドリードは美しい街だし、レストランも多くてパーティも盛んだった。美しい女性もいたしね」

若くしてスター軍団の一員となったドレンテは、環境の劇的な変化に対応できなくなっていたのかもしれない。その才能を存分に活かしたとは言えず、少々残念なキャリアとなってしまった。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ