イグアイン、モラタ、マリアーノに比べて絶不調 ベンゼマに注がれる厳しい視線

なかなか得点を決められないベンゼマ photo/Getty Images

得点数が不十分と批判

レアル・マドリードは世界でも最も競争の激しいクラブの1つであり、長くポジションを勝ち取っていくのは簡単なことではない。例えば最前線では、クラブはいつでもカリム・ベンゼマを1番に評価してきた。ベンゼマのバックアッパーとの立場に納得のできない選手は次々と移籍を選択したわけだが、スペイン『as』はそうした退団組の活躍に注目している。

現在ベンゼマは得点数が少ないと批判を浴びており、今季は全てのコンペティションを合わせても2点しか奪えていない。一方、ベンゼマとのポジション争いに敗れてクラブを去ったFWたちが各国で結果を出しているのだ。

まずはユヴェントスのゴンサロ・イグアインだ。イグアインもレアルでFWの1番手になれず、ナポリへ移籍。昨夏にはセリエA王者ユヴェントスに移籍し、リーグ戦で得点を量産している。今夏レアルを去ったアルバロ・モラタ、マリアーノもそれぞれチェルシー、リヨンで好パフォーマンスを維持。モラタはすっかりチェルシーのエースになっている。

数字で見ると、今のベンゼマは431分に1ゴールの状態だが、イグアインは151分に1ゴール、モラタは124分に1ゴール、マリアーノは111分に1ゴール。ウェストハムに移籍したチチャリートことハビエル・エルナンデスは238分に1ゴールだ。

昨季はベンゼマが170分に1ゴールだったのに対し、イグアインは140分に1ゴール、モラタは94分に1ゴール、マリアーノは少ない出場機会を活かして60分に1ゴールの数字を残している。これらの元チームメイトと比較してもベンゼマの得点数は不十分だ。

ベンゼマにはエースのクリスティアーノ・ロナウドの能力を最大限引き出せるとの強みもあるのだが、サポーターがそれだけでベンゼマに満足するわけはない。ゴールという分かりやすい結果を残さない限り、ベンゼマへの厳しい視線は続くはずだ。レアルは今夏にモラタを失ってしまったが、現在のフォームを考えるとベンゼマよりもチームに残しておきたい存在だったと言えるはずだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ