ナポリ、支配率70%超えも今季2度目のドロー 指揮官「最後の場面で切れ味欠いた」

キエーヴォ戦を振り返ったサッリ監督 photo/Getty Images

ユーヴェが勝ち点差「1」に迫る

5日にセリエA第12節が行われ、ナポリはキエーヴォとアウェイで対戦した。

試合は、10勝1分で首位に立つナポリがゲームを支配し、いく度となく決定機を作る。データサイト『WhoScored』によると、シュートは計19本、ボール支配率は73%にも及んだが、最後までゴールを決めることができず。0-0のスコアレスドローで試合終了のホイッスルを迎えた。この結果、ナポリは開幕戦からの無敗記録を「12」に伸ばし首位をキープしたものの、今季リーグ戦2度目のドローでユヴェントスとの勝ち点差が「1」となり、絶対王者がすぐそこまで迫ってきている。

試合後、ナポリの指揮官を務めるマウリツィオ・サッリ監督が伊『MEDIASET PREMIUM』インタビューに応じ、次のようにキエーヴォ戦を振り返った。

「私は選手たちのパフォーマンスに関して、別に怒ってはいない。戦術的な面を見れば特別な試合になったし、我々はキエーヴォに何もさせなかった。ゲームが困難になってしまったのは、最後の場面で切れ味を欠いてしまったから。多くの決定機を作るも、相手を息の根を止めるには至らなかったからね。キエーヴォの思い通りになってしまった」

さらに、今後の意気込みについても語っている。

「(過密日程の影響で)鋭さを欠いた場合でも、試合に勝たなければならないチーム。だが、グラムやミリクに問題が起こり、2つの大きな戦力を失ってしまった。我々はこのような状況にいるが、チームは最善を尽くさなければならない。勝利へ向けて、少しでも切れ味が戻ってくることを願っているよ」

はたして、ナポリは過密日程の中でも勝利を重ねて行くことができるのか。同クラブは次節、18日にACミランと対戦する。悲願のスクデット獲得に向けて、正念場になるかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ