11月でコウチーニョ、マネ、フィルミーノを超える!? リヴァプール新FWが驚異の得点ペース

大活躍のサラー photo/Getty Images

スアレスに次ぐFWに

今夏の補強は大成功と言えるだろう。リヴァプールFWモハメド・サラーの勢いが止まらない。

サラーは4日に行われたウェストハム戦に先発すると、2得点を記録。チームの4-1勝利に大きく貢献した。今季は開幕からフィリペ・コウチーニョが間に合わなかったり、サディオ・マネが負傷離脱したりと主力が欠ける時期もあったが、サラーはリーグ戦でもチャンピオンズリーグでもフル稼働している。

ここまで17試合に出場して12得点を挙げており、これはクラブの過去の成績と比較してもかなりハイペースだ。昨季はコウチーニョがシーズン全体で14得点、マネが13得点、ロベルト・フィルミーノが12得点だったため、サラーは11月に入る時点でこの3人の昨季の得点数に迫っていることになる。この数字を超えてくることは確実だ。

コウチーニョの14得点を超えたとなれば、サラーは2013-14シーズンにFWルイス・スアレスが記録したシーズン31得点に次いで多い数のゴールを決めた選手となる。リヴァプールがサラー獲得に支払った3500万ポンドは近年の市場のド派手な動きを考慮しても大バーゲンだったと言えるだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ