“世界最高の点取り屋”がシュート53本でたった3点…… スアレスにいったい何が

バルセロナのスアレス photo/Getty Images

バルサはメッシ依存状態続く

現在のバルセロナFWリオネル・メッシを完璧に封じ込めるのは難しいだろうが、仮にメッシを封じるチームが出てきた場合バルセロナにプランBはあるだろうか。今季はここまでメッシがフル稼働しており、ネイマール退団の穴を感じさせないほどチームは快調に白星を重ねている。

しかしスペイン『MARCA』は「メッシが抑えられればトラブルになるだろう」と伝えており、メッシ頼みの現状に疑問も抱いている。特に不安なのはFWルイス・スアレスだ。スアレスは膝の状態が100%ではなく、それがパフォーマンスに影響を与えている部分もある。それでも加入以降スアレスはチームにとって貴重な得点源だっただけに、ゴールラッシュがない現状は問題だ。

今季のスアレスはリーグ戦で3得点に留まっており、その内容も気がかりだ。ここまではシュート53本を打っているのだが、それで3得点というのはかなり少ない。スアレス級のストライカーともなれば1度のチャンスを確実に沈めてくるが、今季のスアレスにはその精度が欠けている。

ネイマールが退団しても大きな問題にはなっていないが、チャンピオンズリーグ制覇など大きな目標を達成するにはメッシに加えてスアレスも爆発する必要がある。チームもその時を待っているはずだが、スアレスが爆発するのはいつになるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ