後半だけで2G1A! 大迫の“半端ない”プレイにケルン指揮官も太鼓判「ユウヤがこのチームを生き返らせた」

巧みなポストプレイで勝利に貢献した大迫(13番) photo/Getty Images

最前線で存在感を発揮

2日にUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第4節が行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンがボリソフに5-2で勝利した。

ケルンを率いるペーター・シュテーガー監督は試合後に行われたインタビューで、後半だけで2得点1アシストを記録した大迫のプレイぶりを称えている。クラブ公式Twitterが伝えた。

「後半開始前に投入したユウヤがこのチームを生き返らせてくれた。チームにとって良い兆候が見られたと思うよ」

2得点1アシストという結果も然ることながら、持ち前の巧みなポストプレイでケルンの攻撃を活性化させた大迫。後半だけでこの試合に出場したフィールドプレイヤーの中で3番目に高いファイナルサード(※)でのパス成功率(77%)を記録したほか、放った枠内シュート2本を確実にゴールに結びつけるなど、決定力の高さを見せつけている。今夏のアントニー・モデスト(現.天津権健)の移籍が影響し、今季のブンデスリーガで深刻な得点力不足に喘いでいる同クラブだが、文字通り大迫がケルンの救世主となるのだろうか。

(※)ピッチを3分割した際の最も敵陣に近い区域のこと。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ