足じゃなくて頭からスライディングでPK献上!? 英紙も驚くスコットランドで”珍ファウル”[映像アリ]

スコットランドで珍しいファウルが photo/Getty Images

なぜか頭から突っ込んだ

ペナルティエリア内で相手DFの足に引っかかって倒れ、PKと判定されるシーンはよくあるパターンだが、頭に引っかかってPKを取られるという珍しいプレイがスコットランドで起こった。

28日に行われた実質4部となるスコティッシュ・リーグ2のカウデンビースFCとベリック・レンジャーズの試合で、0-0で迎えた試合終盤にガウデンビースのジョーダン・ガーデンがペナルティエリア内で相手を倒してPKを献上してしまった。

そのPKとはなぜか相手のドリブルする足めがけて頭から突っ込んだ珍しいプレイから生まれており、英『The Guardian』も非常にレアなケースと取り上げている。それも倒れた状態から頭を出したのではなく、普通の状態から頭を出したところが何とも特徴的だ。

結局このPKによってベリック・レンジャーズが1-0で試合を制しており、珍しいPKながら笑いにくいものとなってしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ