スマホ片手に猛抗議 独サッカー協会がライプツィヒSDへの調査を開始

入り乱れる両軍の選手やスタッフ photo/Getty Images

「スポーツマンシップに反する」

25日にDFBポカール(ドイツ杯)の2回戦が行われ、ライプツィヒがPK戦の末バイエルン・ミュンヘンに4-5で敗れた。

両チーム無得点で迎えた33分に、後に物議を醸す判定がフェリックス・ツヴァイヤー主審より下された。敵陣ペナルティエリア付近でエミル・フォルスベリ(ライプツィヒ)がアルトゥーロ・ビダルに倒され、同主審よりホイッスルが吹かれる。フォルスベリが倒された位置をめぐり両軍の選手によるアピールが続いたものの、同主審が反則の起きた位置をペナルティエリアの外と断定し、ライプツィヒに直接フリーキックを与えた。自軍にPKが与えられなかったことに腹を立てた同クラブのラルフ・ラングニックSDは主審に猛抗議。ハーフタイムに自身のスマートフォンを用いて当該場面の画像を見せつけるなど、執拗に主審に詰め寄った。ラングニック氏の一連の振る舞いについてバイエルン・ミュンヘンのDFマッツ・フンメルスが「スポーツマンシップに反する」と不快感を露わにしたほか、ドイツサッカー協会が同氏への事情聴取や調査を開始したことが独『Kicker』(ドイツ語版)で伝えられている。

映像機器を用いるか否かに関わらず、クラブ関係者が試合中やハーフタイムに主審の判定にクレームをつけるという行動は、紛れもなく不正行為にあたる。今後も選手やスタッフによる執拗な抗議に対し、厳正に対処する必要があるだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ