田中亜土夢、今季限りでヘルシンキ退団 フィンランドでの3年間に感謝「人生のプラスになる」

フィンランドで3年間プレイした田中亜土夢 photo/Getty Images

今季はリーグ制覇とカップ戦優勝の2冠に貢献

25日、フィンランド1部のHJKヘルシンキに所属するMF田中亜土夢が、契約が満了を迎える今季限りでチームを退団することになったと発表された。

2015年にアルビレックス新潟からヘルシンキへ移籍した田中は、加入初年度から公式戦39試合に出場し、11ゴール10アシストを記録するなど、主力として活躍。そして翌シーズンも好調を維持すると、31試合で9ゴール9アシストをマークし、2年連続でベストでリーグ戦のベストイレブンに選出された。今季もここまで、32試合で7ゴール17アシストという驚異の数字を残しており、リーグ制覇とカップ戦優勝の2冠に貢献している。

そんな田中が27日に自身の公式Twitterを更新。「フィンランドに来て、出会う人皆様に助けて頂き3年間プレイする事が出来ました。ここでの経験は確実に人生のプラスになり、今後に生かされていくと思います。フィンランドで出会った全ての人に感謝の気持ちを込めて、ラストゲームで思いっきり表現したいと思います!」と感謝の意を述べた上で、最後にフィンランド語で「Kiitos kovasti(ありがとうございます)!」と綴った。

28日に行われるRoPS戦が、田中にとってヘルシンキでのラストマッチとなるようだ。自分の力を全て発揮し、思う存分に楽しんでプレイしてもらいたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ