ルカク級のFW獲得しなかったのが間違いだ クーマン解任のエヴァートンにOBは補強ミス指摘

エヴァートンでプレイしていたルカク photo/Getty Images

今夏は各ポジションに即戦力を揃える道を選んだが……

23日、エヴァートンは成績不振を理由に指揮官ロナルド・クーマンを解任した。今夏にはギルフィ・シグルズソンやウェイン・ルーニー、マイケル・キーンなど多額の資金を投じて補強に動いたものの、開幕から2勝2分5敗で18位と大苦戦している。この成績では解任されても仕方がない。

英『sky SPORTS』によると、これについてクラブOBのピーター・リード氏は今夏の補強の優先順位が間違っていたと指摘している。今夏エヴァートンはFWロメル・ルカクをマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれ、その売却益を使ってルーニーやキーン、MFデイヴィ・クラーセン、GKジョーダン・ピックフォードなど各ポジションに即戦力を揃えた。しかし同氏はルカク級のポテンシャルを持つストライカー獲得に全力を尽くすべきだったとの考えを述べており、それをしなかったクラブを批判している。

「もし私が監督なら、ストライカーの確保を最優先にしただろうね。誰を買い、誰を売るなどは気にせず、ルカクが出ていくとなったのなら、まずはストライカーだ。しかしエヴァートンはそれをしなかった。ルカクの代わりにトップクオリティのストライカーを獲得しなければならなかったんだ。これは実に大きなミスだったと思う」

現在エヴァートンはリーグ戦でわずか7得点しか決めておらず、これはリーグワースト3位の数字だ。今夏にはルーニーの復帰、FWサンドロ・ラミレスを補強したが、ルーニーはマンUでもストライカーとしてプレイしない日々が続いていた。マラガでプレイしていたラミレスもルカク級の選手とは言えない。結果的にエヴァートンは得点の奪い方を見つけられず、大型補強の成果も出ないままクーマンの解任に繋がってしまった。

パワー、高さ、さらにカウンターに対応するスピードを持つルカクのようなFWを探してくるのは簡単な作業ではないが、クラーセンやピックフォード、シグルズソンの獲得に資金を投じたのは間違いだったのか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ