世界最高の点取り屋スアレスに何が? ここまで僅か3得点と大苦戦

バルセロナのスアレス photo/Getty Images

メッシのポジション変更も原因か

ネイマールが退団してもリオネル・メッシが爆発しているから大丈夫。開幕から無敗を維持しているバルセロナにはこうした意見もあるが、気になる点も存在する。確かにメッシが大爆発してくれているのは頼もしいが、不安なのがルイス・スアレスの状態だ。

スアレスは今季チャンピオンズリーグを含め11試合に出場してわずか3得点。昨季37得点を挙げた点取り屋にしては寂しいスタートだ。スアレスは膝の状態が100%ではなく、それも原因の1つだ。しかしスペイン『MARCA』は、メッシがポジションを変えたことも影響しているのではないかと分析している。

ネイマールがいた昨季はMSNのユニットが形成され、右にメッシ、左にネイマール、中央にスアレスと固定されているところがあった。しかしネイマールが抜けたことでメッシは自由となり、右サイドでも中央でも自由に顔を出している。同メディアはそれが理由でスアレスがやや左サイドでプレイする機会が増えたと伝えており、それが得点数の減少に繋がっているのではないかとの考えだ。

チームとしてもメッシ頼みの状態を続けるわけにはいかず、スアレスは貴重な得点源だ。昨季は現段階で9得点奪っていたことを考えると不安なスタートだが、世界最高クラスの点取り屋と言われるスアレスが爆発するのはいつなのか。白星が続いているとはいえポジティブなことばかりではない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ