戦犯扱いにご機嫌斜め? ロヴレン、SNSのプロフィール欄から所属クラブ名を削除

前半に途中交代を命じられたロヴレン(6番) photo/Getty Images

致命的なミスで失点に関与

22日にプレミアリーグの第9節が行われ、リヴァプールがトッテナムに1-4で敗れた。

各メディアより指摘されていた脆弱な守備を改善できなかったリヴァプール。同試合ではDFデヤン・ロヴレンが浮き球の目測を誤って前半の2失点に絡むなど、散々な結果に。この惨状を見るに見かねたユルゲン・クロップ監督は32分にロヴレンを交代させるという荒療治を敢行。試合後のインタビューで同監督からほぼ名指しで苦言を呈されたことも影響し、同選手は各メディアによる厳しい批判に晒された。

こうした状況のなか、同選手が自身のInstagramのプロフィール欄からリヴァプールの名を削除。また、他のユーザーからのコメント機能も停止するなど、一連の批判に対する抗議行動とも受け取れる振る舞いを見せたことが英『THE Sun』で話題となっている。

かねてより曖昧なポジショニングやクリアミスの多さを各メディアより指摘されてきたロヴレン。前述の行動の真意は定かではないが、首脳陣からの信頼を再度得るためにも、パフォーマンスの改善に努めたいところだ。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ