ワールドクラスと軽々しく呼ぶのはやめろ キャラガー氏「ケインはまだワールドクラスではない」

ゴールを量産するケイン photo/Getty Images

ワールドクラスだらけの世界に違和感

現在のサッカー界では少しでも良いプレイをしたり、ブレイクした選手をワールドクラスと称賛するケースが多いが、かつてリヴァプールで活躍したジェイミー・キャラガー氏はこうした傾向に疑問を持っているようだ。

英『The Telegraph』によると、同氏はワールドクラスやレジェンドといった言葉が軽々しく出てくることが気に入らないようで、国内リーグで結果を出しただけでワールドクラスと呼ぶことには納得していない。その標的の1人にトッテナムFWハリー・ケインを選んでおり、まだチャンピオンズリーグやワールドカップなど国際舞台で目立った結果を出していないケインをワールドクラスと呼ぶのは早すぎるとコメントしている。

「多くの選手がワールドクラス、レジェンドと評されているが、我々はそうした賛辞を与える前に考えるべきだ。私はケインがワールドクラスとの意見に賛同していない。彼はまだワールドクラスではない。ワールドクラスの選手というものはチャンピオンズリーグの準々決勝以降も輝きを放っているものだ」

確かに国内で結果を出しただけで「ワールド」と呼ぶのは不自然かもしれない。同氏はケインが今季チャンピオンズリーグで上のラウンドへ進んでインパクトを残す可能性もあると期待をかけているようだが、ワールドクラスやレジェンドといった言葉はもう少し慎重に使うべきかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ