ローマ、チェルシー戦でファンが差別チャント UEFAが警告

昨季までローマでプレイしていたリュディガー photo/Getty Images

11月16日に正式処分決定へ

ローマファンが相手選手に対して差別行為を行なったとして、欧州サッカー連盟(UEFA)が同クラブに警告を伝えたという。

英『BBC』などによると、差別行為が行われたのは18日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージの第3節チェルシー戦。ローマは敵地に乗り込み、3-3のドローで貴重な勝ち点をゲットした。しかし、この試合で途中出場を果たしたチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対して、猿を真似て唱える「モンキーチャント」を行なったとのこと。現時点では規則に抵触した恐れがあるため警告を発したのみとなっているが、UEFAの統制や倫理、懲戒を行う機関によって調査され、11月16日に正式処分が下されるようだ。

この一件に関して、クラブの会長を務めるジェームズ・パロッタ氏は『SiriusXM』のインタビューに応じた際に「少数の愚かなサポーターが行なった行為。99.9%のサポーターはそのようなことをしていないし、考えもしていないだろう。いくつかの馬鹿げた行為によって、チームが非難されるのも非常に残念だ」とコメントしている。

昨季までの2年間、ローマの一員としてチームを支えてきたリュディガー。古巣サポーターがこのような行為に及ぶなんて残念でならない。ローマにはどのような処分が下されるのだろうか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ