暴飲暴食のD・コスタ、 ボクシングで減量に成功[映像アリ]

来年1月よりアトレティコの選手として出場可能 photo/Getty Images

F・トーレスが経営するジムで汗を流す

9月にアトレティコ・マドリードへの移籍が決まったFWジエゴ・コスタ(前チェルシー)。既に同クラブの練習に合流している同選手だが、同クラブがFIFAより科されている選手補強禁止処分の影響により、来年1月より公式戦でのプレイが可能となる。

来年にむけて調整を続けている同選手だが、減量の一環としてボクシングに励んでいることが英『THE Sun』で話題に。FWフェルナンド・トーレスが経営するジムを借りていることが報じられたほか、加入当初よりも引き締まったボディが同紙に掲載されるなど、順調な仕上がりを見せている。

チェルシーで構想外となっていた期間の荒れ果てた食生活が災いし、各メディアより肥えた体を不安視する声があがっていたジエゴ・コスタ。周囲の心配をよそに黙々とメニューをこなしている同選手だが、2013-2014シーズン以来となるリーガ・エスパニョーラの舞台で光輝くことができるだろうか。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ