CLで致命的ミスのドルトムント守護神、新契約締結が決定

ドルトムントの正GKとして君臨するビュルキ photo/Getty Images

2021年までの新契約にサイン

ドルトムントは20日、同クラブGKロマン・ビュルキと新契約を締結したと発表した。なお、新たな契約期間が2021年6月30日までに設定されたことが併せて報じられている。

同選手は同クラブ公式ホームページを通じ、新契約を締結できたことに対する喜びの言葉を口にした。

「難しい時期であったのにも関わらず、ドルトムントが僕に対する信頼を示してくれたのが嬉しい。このような偉大なチームで正GKを務めていることを誇りに思うよ。今後もチームのために全力を尽くしたい」

2002年より同クラブに在籍するロマン・ヴァイデンフェラーからポジションを奪い、正GKの座を射止めていたビュルキ。17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第3節(アポエル戦)では致命的なキックミスとキャッチミスにより失点に関与してしまった同選手だが、元来持ち味とする勇敢な飛び出しとセービングで首脳陣からの信頼を回復したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ