好調インテルに増援か 中国で活躍中の“ブラジル代表MF”の加入が決定的に

江蘇蘇寧に在籍しているラミレス(7番) photo/Getty Images

11月中に合流へ

今季のセリエA第8節終了時点で、7勝1分の2位につけているインテル。同節終了時点の失点が同リーグ最少タイの5点に留まるなど、守備面での奮闘が光っている。

リーグ制覇を射程圏内に捉えるなか、同クラブがブラジル代表MFラミレス(現.江蘇蘇寧)の獲得に迫っていることが、伊『calciomercato』で明らかに。インテルと同じ蘇寧グループを親会社とする江蘇蘇寧が、同選手のローン移籍を了承。同選手もインテル加入に前向きな姿勢を示していることから、11月中にも同選手がインテルの練習に合流するのではないかという見方が同メディアで報じられた。しかし、一方で同クラブの外国人枠(EU圏外の選手枠)がひとつしか残されていないことから、同クラブ側が一度同選手の獲得を保留し、今後の補強戦略を確認したうえで正式発表に踏み切るのではないかという見解が併せて示されている。

無尽蔵のスタミナも然ることながら、的確なポジショニングに基づくカバーリングにも定評があるラミレス。欧州でのプレイ経験も豊富な同選手だが、現時点でリーグ最少失点を誇るインテルへの加入を実現させ、同クラブを更なる高みへと導くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ