“史上最悪のミラン”発言で批判殺到の元エース 代理人が擁護「誤解を生んだだけ」

ミラン時代のバッカ、ゴール後のパフォーマンスでハートを作る photo/Getty Images

「ミランを侮辱したかったのではない」

古巣への問題発言で批判の的となっているコロンビア代表FWカルロス・バッカだが、代理人を務めるセルヒオ・バリラ氏が同選手を擁護した。

今夏の移籍市場で2年間過ごしたACミランを離れ、ビジャレアルへレンタル移籍したバッカ。先日、母国メディアのインタビューで古巣について回想した際、「史上最悪のミラン」などと発言し、ファンから批判が殺到していたという。

これを受けて、伊『TUTTOmercatoWEB』のインタビューに応じた代理人のバリラ氏は「バッカの発言は誤解を生んでいる。文字通りのことを意味しているのではないし、ミランを侮辱したかったのではない」とコメントした。

その上で「一部の人々は、なんでもないことでも論争を起こしたがる」と述べつつ「彼はミランでプレイできたことを幸せに感じているし、セリエAで過ごした2年間でクラブに多くのものを与えている。バッカにとって、ミランでプレイすることは子供のころからの夢だったからね。そんなチームを批判するなんてあり得ないよ。ミランへ移籍する際にも、非常に魅力的な金額のオファーを断っている。悪いイメージを植え付けても、彼にとってなんの特にもならない」と弁明している。

さらに「バッカがミランで何をしたかを考えれば、誰も文句は言えないだろう。彼は熱心にミランを支えてきた。彼への批判は、リスペクトの欠如を意味していると思う。今でも彼は、ミランが現在と未来でベストを尽くせることを望んでいるよ。バッカの言葉は誤解されてしまっただけだ」とも話している。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ