モドリッチをも上回ったパス成功率 ポチェッティーノが育てたウィンクスの衝撃

レアル戦に先発したウィンクス photo/Getty Images

イングランド代表のメンバー入りも

これまでトッテナムを指揮するマウリシオ・ポチェッティーノは複数の若手選手を成長させてきたが、今着実に力をつけているのがMFハリー・ウィンクスだ。

ウィンクスは前回イングランド代表にも初めて召集され、またポチェッティーノの教え子が代表チームに割って入ろうとしている。ウィンクスは小柄な選手だが足下の技術が巧みで、プレスを受けても正確にボールを繋ぐことができる。今季は徐々に出場時間も増えており、ポチェッティーノもその能力を信頼しているのだろう。

英『Squawka』によると、先日のレアル・マドリード戦に先発フル出場したウィンクスは白い巨人相手に91%のパス成功率を記録し、これはウィンクスが憧れの先輩の1人と語ったルカ・モドリッチ(88%)や、イスコ(90%)をも上回る数字だ。これを見てもウィンクスの能力の高さが分かってくる。

クラブOBのジャーメイン・ジーナス氏も「ウィンクスはイングランドが育ててきたタレントとは大きく異なる。より柔軟にプレイし、狭いエリアでもボールを持つことができる」と評価している通り、ウィンクスもアーセナルMFジャック・ウィルシャーと同じくイングランドらしからぬタイプの選手と言える。

展開力、創造力に欠けると言われる今のイングランド代表にうってつけの人材となるかもしれず、来年のロシアワールドカップでメンバー入りを果たす可能性もある。またイングランド代表はポチェッティーノに感謝することになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ