守護神クルトワ、レアル会長と来夏のマドリード行きを約束 元恋人と2人の息子が決め手か

チェルシーで活躍するクルトワ photo/Getty Images

デ・ヘアは残留濃厚か

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が来年夏のマーケットでチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワの獲得を目指しているという。

17日のトッテナム戦ではチームを救う神セーブを連発し、改めてその価値を知らしめた白の守護神ケイロル・ナバスだが、スペイン『Diario Gol』が報じたレアルのプロジェクトはそんな彼の奮闘を無効化するものである。同メディアは、ナバスをチームから排除することを望むペレス会長が相変わらずマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアへ熱視線を送っているものの、ジョゼ・モウリーニョの徹底抗戦に遭い、交渉が難航していると指摘。現在ではチェルシーの25歳守護神クルトワにフォーカスを絞っているようだ。

白い巨人によるクルトワへの関心はその実力もさることながら、彼の元恋人と2人の子供が現在マドリードで暮らしていることも決して偶然ではない。同メディアによれば、ペレス会長はこれまでに幾度かクルトワとダイレクトに接触し、子供との同居を望むベルギー人GKに2018年夏のオファーを約束。そのことが同選手とチェルシーの新契約締結交渉の滞りにも繋がっているという。

かつてマドリード行きに合意もしていたデ・ヘアは今やユナイテッド残留に傾倒しており、レアル側も徐々に代替案への切り替えを模索している。それがクルトワになるのか、それとも他の守護神になのか。来年の夏には全てが明らかとなるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ