ランパードが驚いた2人のスター 「見てきた中で最速、最もテクニックのある選手だった」

チェルシーで活躍したランパード photo/Getty Images

CLの舞台で衝撃を受ける

現役時代にチェルシーで活躍した元イングランド代表MFフランク・ランパードには、そのあまりの凄さに度肝を抜かれた選手がいたという。

英『BT Sport』によると、今回ランパードが称賛したのは当時バルセロナで主力だったFWサミュエル・エトーとロナウジーニョの2人だ。チェルシーとバルセロナは2004-05、2005-06と2シーズン続けてチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で激突しており、ランパードもロナウジーニョも全盛期と呼べる時代だった。

どちらの試合も見ごたえのある死闘となり、ジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーの超高速カウンターやロナウジーニョのアイディア溢れるプレイを覚えているサッカーファンも多いはず。ランパードにとっても当時の衝撃は忘れられないものとなっているようだ。

「バルセロナとのカンプノウでの戦いを覚えているよ。ロナウジーニョとエトーのチームとの戦いは非常にショッキングなものだった。エトーは私が見てきた中で最速の選手だったし、ロナウジーニョは最もテクニックのある選手だった」

ランパードは自身がプレミアリーグの中でも良い選手との手応えがあったようだが、エトーとロナウジーニョのあまりの凄さにショックを受けたようだ。今のバルセロナも十分に魅力的だが、ロナウジーニョが指揮する当時のバルセロナには遊び心もあった。ランパードと同じく衝撃を受けた者は多いはずだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ