“指先セーブ”の神GKナバスを現地紙も絶賛「あまりにもスペクタクル」「レアルを救った」

最高のパフォーマンスを披露した photo/Getty Images

グループ首位をめぐる争い

スペインのレアル・マドリードは17日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でイングランドの難敵トッテナムと対戦し、1-1で引き分けた。

これがエル・ブランコにとって最高の結果だったかは分からない。ラファエル・ヴァランによる不運なオウンゴールやカリム・ベンゼマに訪れた2度の決定機など、サンティアゴ・ベルナベウを居心地の良い庭へと変えるチャンスは幾らでも存在した。1点ビハインドで迎えた43分にはクリスティアーノ・ロナウドがPKから同点弾を奪うも、その後は両チームの守護神が圧巻のパフォーマンスを披露し、スコアの変動を防いだ。

スペイン紙『MARCA』は、同試合における各選手の働きぶりに対する読者の評価を募り、そのランキングを掲載。現地時間18日の7時時点で最も多くの票数を得たのは、ハリー・ケインの決定的なシュートを指先で防いだコスタリカ代表GKケイロル・ナバスである。「あまりにスペクタクルなセーブでコスタリカ人はレアルを救った。またクリスティアン・エリクセンのシュートを防いだシーンも特に重要なものだった」と同紙も高評価。次点は攻守で縦横無尽に走り回ったルカ・モドリッチ、そしてPKを沈めたロナウドがそれに続いた。

ここ数年、ナバスは常にその去就をめぐってメディアを騒がせ続けているが、同試合における勝ち点1は間違いなく彼の奇跡的な奮闘によるものであり、ダビド・デ・ヘアが同じ場面であのシュートを防げたかどうかは分からない。いずれにしても、レアルとトッテナムは引き分けに終わり、勝ち点と得失点差で共に同ポイントとなっている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ